REPAIR PRICE
どんなに良く作られたギターでも長く使っている内に、必ず不具合が生じます。これらの不具合は、放っておくと決定的なダメージに繋がる恐れが有ります。A.G.Rでは、お客様の大切なギターを末長くお使い頂く為に、より低価格で最良のリペアを致します。

※本価格表は、2002年12月現在の価格です。料金は目安としてお考え下さい。
修理箇所 修理内容 基準価格 摘要 価格変動要因
ヘッド ペグの交換 2,000   ホールのリプレース・ネジ穴埋 塗装は別途
ヘッドの折れ 9,000   塗装は別途
ネック ナットの調整 1,000 スロットの調整・高さの調整 ナットの交換を必要とす場合
ナットの交換と調整 3,500 ナット代含む(牛骨)  
ロッドの調整 1,000    
ネックの折れ 9,000   塗装は別途
指板の剥がれ 4,000 部分的な剥がれでリグルーで対応可な物 指板の交換やフレットの擦り合わせフレットの打ち直し
フレットの交換 1,300 1本 バインディングが有る場合
フレットの打ち直し 21,000 擦り合わせ・調整込み バインディングが有る場合・指板の削りを要する場合
フレットの擦り合わせ 6,000    
フレットの浮き・バズィング修正 1,000 1箇所 バズィングがネックのレリーフ等に起因する場合
ボディー サドルの調整 1,000 高さの調整 高くする場合はサドルの交換が必要になります
サドルの交換と調整 3,500 サドル代含む(牛骨)  
ブリッジの部分剥がれ修理 3,000 部分的な剥がれでリグルーで対応可な物  
ブリッジのリプレース 6,000   場合によりブリッジの交換 ブリッジの削り等
ブリッジの製作 10,000 ローズウッド エボニーは1,000円増し
ブリッジブレースの交換 10,000 ローズウッド・メープル  
ブリッジピンホール修理 2,000 1箇所  
ブレーシングの剥がれ 4,000 1箇所  
ボディーの割れ・破損 8,000 塗装は別途料金 割れがひどく完全に隙間が開いている状態等
ピックガードの交換 2,000 交換のみの料金  
ピックガードの製作 3,000 製作のみの料金  
ピクアップの取り付け 5,000 ピエゾ・マグネット他 サドルスロットの削り直し等
塗装 傷等の部分修正塗装 5,000    
全塗装(ネック) 25,000 塗装の剥がし作業込み サンバーストやカラーリング等
全塗装(ボディー) 39,000 塗装の剥がし作業込み サンバーストやカラーリング等
オーバーラッカー 相談    
SAMPLE
D35のブレイシングの剥がれの修理
ご覧の通り、Xブレイシングが剥がれています。弦を張ってテンションを掛けると、より隙間が大きくなり、放っておくとトップが膨らんで、割れてしまいます。
ギターの点検
このギターは、低音の出が悪くなったと言う事で点検したところ、ご覧の様なブレーシングの剥がれを発見致しました。外観上発見し辛く今のところ演奏に支障の無い程度ですが、放置すれば更なる代償を払う事となります。ギターの点検はこまめに行って下さい。
リペアーについて
更に点検した処、サドルの下からピックガードの切れ端が出て来ました。ネックのリセットの形跡が有りますので、その時にサドルを上げる必要が有った為、ピックガードの切れ端をかませた物だと推察されますが、当然新しいサドルを削り直しました。リペアにも様々な方法が有りますが、常に最善のリペアを心掛けたいものです。
調整
ブレイスの剥がれた部分にシリングを使い、グルーを注入してご覧の通りクランプで接着します。今回はピックガードの切れ端がかましてあったのでサドルを削り直しましたが、通常の場合でもこの様にサドルに近いブレースを修理した後はサドルの高さが微妙に変わる可能性が有りますので、バズィング等が発生しないか確認し、必要であれば調整を行います。
良い楽器だからこそ
このD35は、生産されてから既に40年近い年月が経過していますが、弾き込まれているにも関わらず非常に良いコンディションです。どんなに良く作られたギターでも、何時かは必ずリペアーを必要とする時が来ます。不具合を発見した時は速やかに信頼の置けるリペアショップに修理に出す事が肝要です。